パーソナルトレーナー1対1の指導で密室だったらと考えると不安

パーソナルトレーナーには指導を受けたいけれど、密室の状態やマンツーマンに抵抗があるという人も多くいます。

依頼やチェックの仕方を考えましょう。

■可能なら女性のトレーナーに依頼する。

パーソナルトレーナーには、数は少ないですが女性のパーソナルトレーナーも存在します。

警戒したいのであれば、入会前に女性のパーソナルトレーナーがいるか確認しましょう。

現在の日本のジムでは、トレーナー全体の1割以上は女性のスタッフがいるはずです。

ジムの専属でなくても、フリーランスのパーソナルトレーナーを手配してくれます。

もちろん利用者はジムとの契約を結ぶことになります。

個室といっても、完全にドアを閉め切るような個室は少ないので、それほど心配する必要はないと思いますが。

■パーソナルトレーナー選択の3要素。

パーソナルトレーナーを選ぶときのポイントは3つあります。

技能・技術、キャリア中心に選ぶこと。

自分の目的に対してその場で適正なプラン例を提示できないジム、あるいはパーソナルトレーナーとは契約しないこと。

無料体験トレーニングなどを利用し、ジム内の衛生状態(衛生管理)までしっかり確認することです。

初めて行ったその日に、即断即決して契約書を交わすのはトラブルのもとです。

こちらのサイトもパーソナルトレーナーを選ぶ時の参考になると思います。⇒http://www.sheleg-gallery.com/

■パーソナルトレーナーやパーソナルジムといっても、鍵のかかる完全個室やドアを閉め切るような個室は少ないです。

事前に確認しましょう。

密室や個室のあり方について注意を払うのは良いことです。

無料体験などを利用して、衛生管理状態や貼り出されてあるシフト表などをチェックしておきましょう。

トイレやシャワー室がきれいではない、シフト表のパーソナルトレーナーの人数が少なそうという感触があったら要注意。

態勢が不十分です。